2014 2014年6月15日

大声で良い音での

はっきりと中

大声で良い音では ブラジルの映画館で音の軌跡を調べた4テレビ番組のシリーズです。 方向およびプレゼンテーションZuccolottoシモーネで、上の2013年に放送された チャンネルのブラジル オンラインで利用できません、完全なプログラムにもかかわらず、興味深いスニペットは以下のリンクで確認できます。


2014 2014年5月16日

今週のABC 2014のテーブルを見る

Cinemateca Brasileira em São Paulo. テーブルは現在オンライン表示に利用できる のABCウィーク2014 で、07から09月に起こっ ブラジルシネマ サンパウロで。 Semana ABC é uma oportunidade única no país de reunião de personalidades de diversas áreas do cinema refletindo sobre o seu mercado de trabalho. が推進する 映画撮影のブラジル協会ABCの週は 、その労働市場に反射膜の様々な分野から個性の集合体の国のユニークな機会です。 また、直接のブラジル映画の発展に貢献ディベート、会議、パネルやマスタークラスを提供する。

今年のディベート音が3のテーブルに存在していた。

表01:「直接音のMédoto作業 -デジタルマルチトラックの時代における直接音の捕獲に用いられる作業手順:伝統と破裂」。 Debora Opolski (editora de diálogos) e Willem Dias (montador). ジョン·ゴドイ (直接音技術者や視聴覚ECA / USP教授)、 デボラOpolski (ダイアログエディタ)と ウィレム日 (アセンブラ)。 調停 Adelmoルイス·マンザーノ (サウンドスーパーバイザー)。

Eduardo Santos Mendes (sound designer e professor do curso de Audiovisual da ECA/USP) e Fernando Henna (editor de som). 表04:と "現在のブラジル映画の音の大きさ」。 バージニア花 (アセンブラ、およびサウンド編集)、 エドゥアルド·サントス·メンデス (視聴覚ECA / USP音のデザイナー教授)と フェルナンド·ヘナ (サウンドエディター)。 調停 Adelmoルイス·マンザーノ (サウンドスーパーバイザー)。

表08:「商業映画館でデジタルディスプレイ:パラメータ、技術要件、実施、モニタリング、ディスプレイの未来:。部屋、家やラップトップ " , Renata de Almeida (diretora da Mostra Internacional de Cinema de SP) e Rodrigo Monte (diretor de fotografia). キコフェラーズ (サウンドエディターとミキサー)、 レナータ·デ·アルメイダ (SPの国際映画祭ディレクター)とロドリゴモンテ(撮影監督)。 調停ホセ·フランシスコ·ネト(スーパーバイザ終了)。

Assista as mesas da Semana ABC 2014 na íntegra . の他のテーブルにアクセスするために 2014年に週のABCを 、ただのリンクをクリックしてください。 その全体が2014年に週のABCのテーブルを見て


2014 2014年5月1日

サウンドデザイナーエドソンセコインタビュー

エドソンセコ

sound deigner , de um modo geral ostensivamente mal utilizado, para qualificá-lo: seja por pensar o som dos filmes como um todo integrado (relativizando distinções entre música e ruído, por exemplo); ミュージシャントレーニングや劇場でのこれまでの経験、 エドソンセコは 音は考えてある:彼の映画作品に、一般的に露骨にそれを修飾する誤用言葉の音deignerの使用を正当化する資質の数を満たしている統合された全体としてのフィルム(例えば、音楽とノイズの区別を減少させる); 機能の多様性は、それが実行され、自分の仕事への文体統一を与えている。 それが参加したプロジェクトの多くでは、まだスクリプトの段階での早期のコラボレーションにまだある。 この会話では、 エドソンセコは 職人の彼のキャリアのサウンドや映画館での音の彼の個人的なアプローチに話を聞いた。

続きを読む


2014 2014年4月29日

サウンドデザイン入門

サウンドデザイン入門

ABC·ウィーク2014場所07-09月かかり、中   ブラジルの映画館   ":サンパウロ、そのスケジュールと並行して、バックは今年、普及と人気視聴覚領域にリンク図書の解放のためのスペース、本の打ち上げでの サウンドデザイン入門:体系的な長期の適用分析フィルム失明による「 デボラOpolski

「本は、サウンドデザインを構築する過程での反射を提示します。 体験レポートと比較分析の形で構造化フィルムの物語言説のためのサウンドデザインの寄与の問題を上げ、音作りのプロセスについて説明します。

2の部分は、まず我々は重要性を議論し、詳細な音声編集の過程を説明してい分かれ   ポストプロダクションと影響力、これはフィルムは、視聴者によって知覚される方法にあります。 プレゼントや編集ダイアログ、フォーリーや効果音のための客観的な方法。

続いて、我々は、ポストプロダクションのサウンドのサウンドエフェクトでの環境では、フィルム失明、そして音楽を分析します。 読者は、技術および各要素の適用性を詳細に観察することができるシーンの状況、およびプロセスの特定のイベントを検索します。 "


2014 2014年4月10日

私騒音、振動、音障害に対する市民会議

私騒音、振動、音障害に対する市民会議

日に28、29と4月30日、サンパウロ-SPの都市は、その都市環境での最初の戦闘のノイズについて説明します。 ProAcústica ), acontece por ocasião do “Dia Internacional da Conscientização sobre o Ruído”, o International Noise Awareness Day (INAD), cuja data oficial neste ano é 30 de abril. 騒音、振動、音障害のI市立会議 が主催、 サンパウロ市と品質音響ブラジル協会( ProAcústicaは )「ノイズについての意識の国際デー」の際はどうなる 国際ノイズ·啓発デー その公式の日付は今年(INAD)は、4月30日です。

イベントの目的は、このように立法·行政行動のための効果的なガイドラインを作成し、人間の健康上のノイズや音、振動の悪影響について、一般的には政府や社会を感作することである。

イベントは一般に公開し、無料ですが、スペースが限られており、「登録フォーム」の完成を必要とします。

:スケジュールと詳細についてご確認 騒音、振動、音障害に対する私市営会議