2014 2014年9月20日

ジェラルドモラエスによる映画館における音の重要性

ディレクター、作家、プロデューサーで作られたミニドキュメンタリー ジェラルドモラエス 映画における音の重要性について。


2014 2014年9月17日

ラウンドテーブル「サウンドトラック·デジタル」

学校イエローオーディオ協会が9月12日にクリチバ-PRで開催された「デジタル時代のサウンドトラック」のための円卓会議。 Grace Torres e dos músicos Rodrigo Lemos ( Lemoskine ), Demian Garcia e Vadeco . 調停だった ジョン·カゼルタ ミュージシャンが参加して、 グレース·トーレス やミュージシャンロドリゴレモス( Lemoskine )、 デミアン·ガルシア Vadeco テーブルのフルストリーミングを見る:


2014 2014年9月15日

ブラジルのシネマサウンドの歴史と技術

「ブラジルの映画館のダイレクト音のマスターによる音声の貴重な記録」と言う デビッド·ペニントンが 7º Festival Cine Música , o cineasta e técnico de som direto Walter Goulart , um dos profissionais do som cinematográfico mais experientes do Brasil em atividade, contou um pouco da história do som no cinema nacional na companhia de Roberto Carvalho , Fernando Ariani e Gustavo Andriewiski . 2013年9月では会期中に 歴史的共鳴-ブラジルの映画館の音技術 部dだった 第7回シネ音楽祭 、映画制作者とダイレクト音技師 ウォルター·グラール 、ブラジルでの活動の映画の音の中で最も経験豊富な専門家の一つ、と言わの会社では全国の映画館での音のいくつかの歴史 ロベルト·カルバーリョ フェルナンドAriani グスタボAndriewiski 登録 デビッドペニントン


2014 2014年9月9日

どのような謎がサウンドトラックを潜んでいる?

美術作家

プログラム のアーティストの芸術 のテレビブラジルは、「サウンドトラックの背後にある謎を解明する特別版、映画にもっと人生と興奮を与えるために、音楽、声、ノイズやさまざまなサウンドエフェクトを結集し、芸術的なジャンルを生み出し、小説、演劇やテレビ番組。 "

Tato Taborda , o gerente-executivo de música da TV Brasil Ricardo Vilas , e Flavia Ventura , que compõe algumas trilhas para o próprio Arte do Artista. プログラムは、作曲家としての地域の有名な専門家の証言に依存している デビッドTygel 、導体と音楽プロデューサー タトTaborda 、音楽、TV、ブラジルのエグゼクティブマネージャー リカルドビラス 、および フラビアベンチュラ アート自体のためのいくつかの曲を構成し、アーティスト。

「?謎がサウンドトラックを潜むもの」完全なプログラムをチェックアウトページ: アーティストのアート


2014 2014年8月26日

第8回フェスティバルCineMúsica

第8回フェスティバルCineMúsica
8º Cine Música – Festival de Cinema de Conservatória , único festival de cinema do país dedicado exclusivamente à trilha sonora dos filmes. 9月7日に04の都市で発生した レジストラ-RJ 映画祭園-第8回シネ音楽 、映画のサウンドトラックに特化し、国で唯一の映画祭。 今年のテーマはforróで、イベントは入場無料で一般に公開されている!

祭りはまた、今年の受け取ることを想起し 、ブラジル映画のサウンドセカンド全国ミーティングプロフェッショナルを

続くのは内膜や受賞歴のある専門家のリストである 第8回フェスティバルシネミュージック

トロフィーCineMúsica

ベストサウンド: " シルベスター "(受賞:リナChamie、エドゥアルド·サントス·メンデス、ルイス·マンザーノAdelmo、タイドボルヘス、ブラジルルネ、ルイ·ロビン、エリックChristaniリベイロ、ルイス·フェルナンデスとリカルドファリアス)

ベストサウンドミキサー:「 セラPelada 」(賞:ジョン·ゴドイ、マルセロRaposoとUbiratanダ·シルバ-ビラ)

ベストミキシングと最高のノイズ·ルーム(フォーリー):「 タトゥー 」(受賞:リカルドCUTZ、フィリップ·バーガーとレナートマルケスガリンベルティ)

ベストサウンドデザイン:「 プライアはフトゥロを行う (受賞:Waldirザビエル)」

最優秀音響編集:「 モロドスプラゼレス 」(受賞:ベルナルドUzedaを)

ベストサウンドエフェクト:「 川ストリーム 」(受賞:リカルド·レイスチュイ)

最優秀オリジナルソング:「 少年と世界 」(受賞者:ルーベンちなんでとグスタボKurlat)

ベスト·ソング:「 私は生きていた 」(受賞者:マルコドゥトラとカエターノゴッタルド)

ベストミュージカル選択:「 火山の亡命者 」(受賞:ファビオ·アンドラーデを)

ベスト方向ダビング:「 スウィートアスベスト 」(受賞:Gutoパレンテとエリックパイヴァ)

短い光トロフィー

ベストサウンド: "9493"(受賞:マーセラスLを)

ベストサウンドデザイン:「平和ダイアナをしましょう」(受賞:カルロスモンテネグロクラウディオ·ナシメント)

ベストサウンドミキサー:「私はストレンジャーだすべてのこれらの日 "(受賞:Evandroリマ)

Programação Completa do 8º Festival CineMúsica の完全なスケジュールもチェックして 祭り8シネミュージック 第8回フェスティバルCineMúsicaの全スケジュール